エンジニアであってもスクールが必要な理由

エンジニア業界を全く知らない人からしますと驚くかもしれませんが、エンジニアになっていてもスクールの意義はとても大きなものがあります。

その理由はITの世界は進歩または変化が早いからです。同じ知識やスキルだけでは時代に取り残されることになります。そうならないために常に勉強が求められます。おそらく学ぶことを怠る人はエンジニアとして生き残ることは難しいというのが現実です。学ぶことを怠る人が生きのこれない具体的な例を紹介しますと、業界で必要とされる言語が変化することが一つです。

プログラム言語にはたくさんの言語がありますが、例えば現在PHPが求められていてもそれが5年後も同じである保証は全くありません。ですから、常に勉強は必要です。そこで勉強する方法ですが、二通りの方法があります。それは独学とスクールに通学する方法です。どちらにもメリットとデメリットがありますが、効率の面で考えるならスクールのほうに軍配が上がります。

もちろんスクールは全くの初心者でもスキルを身に着けられるところですが、ある程度の知識を持っている人でも役に立つ場所です。考え方によってはある程度のスキルを習得している人のほうがメリットを感じる機会が多いかもしれません。それは新たな言語を習得する過程でそれに関連して仕事と出会える可能性があるからです。プログラミングを習得する目的は最終的には仕事を獲得することです。その意味で言いますと、独学よりはスクールのほうが得といえそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *