転職者のためのプログラミングスクールの考え方

とても俗な言い方をするならこれからの時代に「食いっぱぐれのない」職業の一つと言われているのがIT系の仕事です。

単純な仕事はすべて機械化されますので人間が行う仕事は限られてきます。

その一つがIT系の仕事というわけですが、具体的にはシステムエンジニアですが、さらに細かく言いますとプログラミング系の仕事です。これからはPCに仕事をしてもらう場面が多くなりますが、そのPCを動かすにはプログラミングが必要です。

最初から理系の学校なり学部で学んだ経験がある人ですとある程度知識やスキルを身につけていますが、いわゆる文系の人ですとそういった知識やスキルとは無縁でした。ですが、これからの時代はそういった人でもIT系の仕事に従事する時代になりそうです。

しかし理系と無関係だった人が簡単にできるほど甘くないのがIT系の仕事です。そのようなときに重要になってくるのが学ぶ場所ですが、例えばプログラミングを学ぶには専門のスクールに通うのが最も効率的です。

独学という方法もありますが、理系でなかった人が試みるにはあまりに効率が悪すぎます。そこで重要になってくるのがスクールの選び方です。スクールならどこでもいいということは決してありません。

理系でなかった人が挑戦するのですから学ぶ場所が重要になってきます。自分に合ったスクールに出会ったなら楽しく学ぶことができますが、合っていないスクールで学ぶことになってしまっては途中で挫折するという結果が待っています。

例えば「通学するかどうか」とか「費用はどこまで許せるのか」とか、もっと専門的にいうなら「どの言語を学ぶか」などです。まずは自分のレベルと目的を定めてから行動を起こすことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *