プログラミングスクールが社会人に向いている理由

理系出身の社会人は学生時代にプログラミングについて勉強しているか、もしくは最低でも触れるくらいはしているものです。

ですから、基本的に抵抗感がないといいますか、馴染みやすいという利点があります。

しかし、文系出身の社会人はプログラミングについて全くと言っていいほど知りません。

そのような文系の人がプログラミングを学ぼうとするときにその方法はとても重要です。

なにしろなんの知識も持ち合わせていないのですからとっかかりですべてが決まります。

独学で学ぼうと考えるのは無謀です。間違いなく途中で挫折します。人間は挫折するときは必ず言い訳を考えます。人間の脳は自分に都合よく考えるようにできていますのでやめる際はいくらでも理由を考え付くことができます。

そうならないためにスクールに通うべきです。スクールに通うメリットは周りの目がありますので簡単に辞めることができない状況になることです。

次のメリットは、こちらのほうが大きなメリットですが、それは効率的に学べることです。

スクールには教える人がいます。わからないときにすぐに質問でき、そして回答をもらえる環境ほど勉強に適している状況はありません。無駄な時間を過ごすことなく知識を身につけることができます。実は、社会人にとってはこのメリットが一番大きいのです。社会人は学生とは違い時間に余裕がありません。なにしろ働いているのですから勉強する時間を確保するのが簡単ではありません。

ですから社会人がプログラミングを学ぼうとするときはスクールが向いているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *